青山聖樹​

オーボエ奏者

NHK交響楽団首席オーボエ奏者

アンサンブル of トウキョウ代表

幼児よりドイツで育つ。8歳よりハノーファー少年合唱団でボーイ・ソプラノとして活躍、G.レオンハルト、F.ブリュッヘン、P.ヘレヴェッヘ、A.ビルスマ等とレコーディング(Das Alte Werk,Teldecバッハ・カンタータ全集に参加)。名手インゴ・ゴリツキ氏のもとでオーボエを始める。東京芸術大学附属高校を経て、同大学に進む。小島葉子、北島章の各氏に師事。在学中ドイツ・ハノーファー国立音楽大学に留学、シュトゥットガルト国立音楽大学大学院(インゴ・ゴリツキ氏のクラス)を修了。ボン・ベートーヴェンハレの首席代行を経て、ドイツ・フィルハーモニア・フンガリカ及び新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者を歴任、ブダペスト祝祭管弦楽団ゲスト・ソロ・オーボエ奏者として招かれる。また独奏者として、ヨーロッパ各地の室内管弦楽団(コンチェルト・バンベルク、ミュンヘン・バッハゾリステン等)に客演し、ラインガウ・フェスティヴァル、ナーンタリ・フェスティヴァル等に出演。
日本ではアンサンブルofトウキョウのソロ・オーボエ奏者として活躍する他、各地音楽祭に出演。

武蔵野音大で後進の指導にあたる。

使用楽器 すべてGebrüder Mönnig

オーボエ:155AM Satoki Style / delSOL 155AM Satoki Style

オーボエダモーレ:170AM, 170AM delSOL

イングリッシュホルン:180AM, 180D Diamant, 180D delSOL

バスオーボエ:190LF