青山聖樹​

オーボエ奏者

NHK交響楽団首席オーボエ奏者

武蔵野音楽大学教授

アンサンブル of トウキョウ代表

東京生まれ。幼少よりドイツで育つ。

8歳よりハノーファー少年合唱団でボーイソプラノとして活躍、音楽の基礎教育を受ける。名手インゴ・ゴリツキー氏のもとでオーボエを始め、東京芸術大学附属高校を経て、同大学に進学。在学中ドイツ・ハノーファー音楽大学に留学、シュトウットガルト音楽大学を卒業。

ドイツ・フィルハーモニア・フンガリカ、新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者を歴任。ゲスト首席として、ヨーロッパ各地の管弦楽団(ブダペスト祝祭管弦楽団、コンチェルト・バンベルク、ミュンヘン・バッハゾリステン等)に客演。ラインガウ、ナーンタリ、日本国内の音楽祭などに出演。ソリストとして、KBS交響楽団、韓国交響楽団、北京交響楽団、ドイツ・フィルハーモニア・フンガリカ、ソフィア・フィル、新日本フィル、コーリアン・チェンバー・オーケストラ、アンサンブルofトウキョウ等と協演。

使用楽器 すべてGebrüder Mönnig

オーボエ:155AMG Satoki Style / delSOL 155AM Satoki Style

オーボエダモーレ:170AM delSOL

イングリッシュホルン:180D Diamant

バスオーボエ:190LF